出会いが続々と青森で完了した

Posted on 2020年6月2日 in 未分類

続々と感染したクルーズ船のミッションでは、2700人の出会いが関わっていたにもかかわらず、感染者はゼロでミッションは完了した。
「しっかりとした保護基準を確立するのは訓練の結果です。」
例えば、クルーズ船では、厚生労働省が定めた基準に加え、自衛隊が独自の防護対策を講じているとされる。
「船上での消毒作業では、出会いを着用し、手袋を2重にし、継ぎ目を隙間がないように粘着テープで閉じました。靴カバーやゴーグルも目につけています。した”

「今回の新型風邪など、出会いに感染するウイルスに対処する場合、自衛隊は防護服を着用する必要がある。手袋、顔、靴カバーを備えた多機能アイテム。おむつを着用することもある。
防護服を脱ぐときは、外に触れないようにペアで行ってください。一般的に、手順は、保護服を頭から順に取り外し、最後に手袋を取り外します。それを徹底しなければ感染を防ぐことはできません。 」

No Comments for “出会いが続々と青森で完了した”

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です