青森出会いだけを感じることができます

(「青森出会いの名前」では「カタレドキ=カタレドキ」を使いましたが、本当ですか?)
夜明けでない夜はないと言う。
今でも、暗闇の中でも人は見えませんが、必ず「彼は誰?」に行きます。

しかし、「彼は誰ですか」は、そこにいる人だけが感じることができます。
青森出会いの「彼はいつ」といっても、目に人がいなければ孤独の闇が深まります。

薄暗い部屋で一人で「彼は誰か」を感じたい。
あ、いや、もう少し明るくならないかな? (笑)
私が働いている床にいた従業員が帰宅しました。
青森出会いを明るく照らしておくのはもったいないという高揚感はありません。
家に帰ったときは忘れるのを忘れたくなかったので、床全体を消して、近くのスイッチで机の周りの電気をつけて仕事を終わらせました。 。

階段の音。

誰かがまだ別の階にいます。
足音が暗闇に響き渡った。
しっかりとした足音だけが女性のかかとだとわかります。

No Comments for “青森出会いだけを感じることができます”

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です